いただきますJP 公式オンラインショップ

  • MOKU あじとII
  • あぁう米
  • ログイン
  • 買い物カゴ
(R03産)道まんなか米 玄米5Kg
  • NEW

(R03産)道まんなか米 玄米5Kg

商品コード:
kom0000036
4,375
40
北海道芦別市『アグリシステム太田農園』の、
太田拓寿さん生産の自然栽培ゆめぴりかです。


【ゆめぴりか】
しっかりしたお米の甘みと、もちっとした柔らかい食感が特徴です。
炊き立てはとてもツヤがあり、そのままでも美味しさを充分に感じていただけます。

粘り:かなりもっちり
粒の食感:やわらかい

生産者:太田拓寿さん(アグリシステム太田農園)

北海道のちょうど真ん中あたりに位置する芦別市。「星の降る里」とネーミングされるだけあり、のどかで、遮るものがない自然豊かなエリアです。この芦別市で農業を営んでいるのが、「アグリシステム太田農園」の太田拓寿さんです。明治時代に曽祖父が入植し、太田さんが4代目となります。
(R03産)道まんなか米 玄米5Kg

大学に進学してから農業に携わることを決心

太田さんは4人兄弟の長男でしたが、最初から跡を継ごうと思っていたわけではなかったそう。「食品には興味ありましたが、弟が跡を継ぐかなと思っていました」。そんな太田さんが農業を意識するようになったのは、通っていた大学で農業経済のゼミに入ってから。「ほかの大学と一緒に農業に関する研究をしたり、いろいろな農家さんを訪ねたりしているうちに、農業へ意識がシフトしていきました。また、ゼミの仲間から『実家が農家だなんて羨ましい』『純粋に農業という仕事はいいね』と言われ、自分は恵まれているのだと分かり、それならば…と」。ちょうど、太田さんが大学生のときに、父親の良雄さんが法人化していたこともあり、「就職するという感じでした」と話します。
(R03産)道まんなか米 玄米5Kg

地力を上げるために田んぼをローテーション

父・良雄さんが30年以上有機栽培の米作りを行っていたこともあり、自然栽培を始める際のハードルは高くなかったと言います。また、近所の方が離農したあとを引き継ぐなど、法人化してからは田んぼの面積が広がり、現在は東京ドーム8個分の圃場を有しています。「ほかの農家さんと隣接しない、切り離されている状況も自然栽培を行うには良かったと思います」。

自然栽培米を始めて、14年目。「土や水の力で稲を育てていくので、いくら管理を徹底しても収量が読めない部分もあります。また、自然栽培を同じ田んぼでずっと続けていくと、土の力が落ちて収量も下がっていくので、うちでは田んぼをローテーションさせる形で1年間休耕させ、地力をあげるように工夫しています」。土の力を蓄えることで、稲の生育も安定していくそうです。
(R03産)道まんなか米 玄米5Kg

環境を意識し、消費者とのつながりも大事に

自然栽培米のほか、環境を意識しながら継続的に続けていける有機栽培米や減農薬米も作っている太田さん。「こちらもこちらでいろいろチャレンジしながらやっていきたいと思っています」。減農薬のお米に関しては、地元の減農薬栽培グループで、日本GAP協会の「JGAP認証」を取得し、持続可能な農場経営に取り組んでいるとして高い評価を得ました。また、グリーンツーリズムやファームステイなどにも関心が高く、「消費者の方たちとのつながりも大事にしていきたいと思っています」と話します。地元の小学生や修学旅行生などの農業体験の受け入れも行っています。

最後に、「これからもお米にこだわって作っていきたいですね。そして、たくさんの人にこういう環境でお米を作っているということを知ってもらいたいですね」と、山に囲まれた広々とした圃場を見つめながら話してくれました。


(「MOKUマガジン MOKUな人 Vol.6」より引用)
(R03産)道まんなか米 玄米5Kg

お問い合わせ先

phone011-522-2714

FAX: 011-522-2714

店長:右川将矢(うかわまさし)

営業時間 / 11:30 ~ 18:00

メールでのお問い合わせ